水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 紙と湿気の関係

紙と湿気の関係

紙というのが水に弱いという事は皆さんもご存知の事かと思います。

という事は、紙から出来ているダンボールというのは少なからず水に弱いという事になります。

直接水に触れることが無かったとしても、湿気一つでそれの強度というのは変わってきてしまいます。

ダンボールにとってはそれら強度がとても大事な物になると思いますし、何よりも利点の一つだという事を皆さんも知っているのではないでしょうか。

ですから紙などの素材を利用したもの、こうしたダンボールなどは湿気の多いところで利用するのを避けましょう。

物を保存するときなどに使うのには便利かもしれませんが、そのダンボール自体を利用した保存場所についてもよく考えて、湿気などの少ないところであれば利用していうという形が好ましいかと思います。

もしも湿気のある所の保存しようとする場合には、そのダンボールの中のものを一度ビニール袋などで包んでから保存するなど、いっそ直接ダンボール自体をビニールで包むのもありだと思います。

こうして湿気などが関係してくる部屋などで保存する場合には、しっかりとそれらから守る対策を取っていきましょう。

他にも紙を元に出来ている商品というのは色々とあると思いますから、ダンボールに限らず利用する場合には十分な注意を払っておきましょう。

どれだけ利点のあるもので便利に利用が出来たとしても、全てにおいてデメリットが無いわけではありません。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。