水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> プラスチックダンボール

プラスチックダンボール

水に強いダンボールがあります。ダンボールは紙でできているので水に弱いと思ってしまいます。しかし、紙でないダンボールなら水に強いダンボールの生産はできます。この常識を破ったダンボールがプラスチックダンボールです。その略称も「プラダン」といいます。紙の素材でないので、水に濡れるような場所であっても全く問題ありません。例えばコンクリート打設時の壁材やドレン材、コンクリートを仕込んだ後の養生板にも使われます。また、軽いことを活用して埋め込みパネル材や、床材にも用いられることがあります。
プラスチックダンボールはある程度の強度があるため、自動車の内装部品や看板にも応用されています。看板はしっかり固定しておかないとすぐに飛んでいってしまいますが、万が一そのような場合でも、破片が当たって人にケガをさせる心配がありません。自由に色づけもできるので、非常にカラフルな看板ができます。軽いので取り付けも少人数でおこなう事ができます。小さな看板なら設置者自らが作業することもできるので、コストの面からもたいへん有利だといえます。
プラスチックダンボールは、素材がプラスチックというだけで、機能はダンボールとほとんど代わりません。耐水性という点では、普通のダンボールよりはるかに高い性能を持っています。ホコリにも強く、軽く拭き取ってやるだけで十分に汚れがとれます。ただし、プラスチックといっても日光に当たると、やはり劣化しますので、本格的な屋根の材料などには向かないようです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。