水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> ダンボールのトイレ

ダンボールのトイレ

トイレは生き物にとって、なくてはならないものです。ペットのトイレは衛生の面からも注意しなくてはならない問題です。ペットは小さいときから訓練しておかなければうまくトイレで用を足してくれません。しつけはしっかりしてあげましょう。ダンボール箱などに猫砂などを入れてトイレをつくると思いますが、市販の脱臭剤を入れておけばニオイも気にならないでしょう。トイレの外には、ダンボール製の砂落としマットを敷いておくと足についた砂を散らかさずにすみます。このダンボールマットには、ダストコーティング処理したものもあり、爪のかき傷によるゴミも減らします。
人間のトイレも、緊急の場合にはとても困るものです。災害時には停電でトイレが使えないこともあるでしょうし、そもそも建物が崩壊してトイレ自体が近くにないこともあるでしょう。そのような場合には、容易に組み立てられるダンボールの便器と排泄物凝固剤をセットした緊急用のトイレがあると役に立ちます。ダンボールのまわりをポリ袋で覆ってしまうので、尿などの水分も心配する必要がありません。どこでも設置でき、すぐに固まる凝固剤によって排出されたものはすぐに捨てることができます。緊急用だけでなく、高速道路の渋滞が多くてパーキングのトイレが満員で使えない場合にも、このようなものがあれば、緊急避難的に使えます。
ダンボールは水に弱いのですが、特殊なコーティングやビニール袋を上手に使うことで、コンパクトなトイレにも使うことが出来ます

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。