水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> みずみずしい野菜を運ぶダンボール

みずみずしい野菜を運ぶダンボール

最近は安心・安全な食べ物を求めて有機野菜などを産地から直送で購入することも多くなったのではないだろうか。多くの場合、ダンボールで野菜が運ばれてくるが、コストダウンのために使い古しのダンボールに詰めて送られてくる。ところが野菜は収穫されても呼吸をしている。ご存じのように呼吸をするということはCO2と水を放出するが、この二つともうまく逃がしてやらないと新鮮さが保たれない。そこで濡れても良いように、表面を撥水性の樹脂等でコーティングしたダンボールが用いられる。
段ボールは適度に通気性もあるため、適度にCO2を外に出してくれる。老化物質として放出されるエチレンガスもダンボールなら適度に外に排出してくれるので非常に都合がよい。さらにエチレンガスの影響を抑えたい場合には、エチレンガスを吸収する薬剤が入った袋を入れるなどして鮮度が落ちるのを防いでいる。
一方で、通気性がよいことは、条件によっては残って欲しい水分まで奪ってしまうことにもなる。これを防ぐためにポリプロピレンなどのフィルムで覆って水分だけを逃さないように工夫することもある。これはダンボールに水が移らない対策にもなる。家庭では、新聞紙にくるんでおくだけでも大きな効果がある。葉物野菜を保存する場合には、冷蔵庫に入れなくても、新聞紙を少しぬらしてから野菜を包み、ダンボールに入れて涼しいところにおいておくだけで日持ちがする。冷蔵庫の中がいっぱいで野菜が入らないときは一時保管の方法として導入してみよう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。