水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 水を運ぶダンボール

水を運ぶダンボール

水に弱いダンボールだが、水を運ぶためにダンボールはよく使われる。もう少し範囲を広げて、液体を運ぶダンボールと考えれば至る所に使われていることがわかると思う。たいていは何かビニールなどの素材に入った液体をダンボールで梱包しているスタイルだろう。
水を運ぶといえば飲料水を運ぶのに使われているダンボールもある。ペットボトルに入ったミネラルウォーターはその典型だ。ダンボール箱に入れることで大量にトラックのコンテナで運ぶことができる。ところでこのミネラルウォーターの容器が変化してきているのを知っているだろうか。やけに薄いペットボトルで大ヒットした商品もあったが、大きな流れとしてペットボトルが薄くなってきているのだ。これはコスト削減の一環で、ほんの少し薄くするだけで材料費の節約になり、軽くなる分、輸送コストも削減できるのだそうだ。それにあわせてダンボールも薄くてやや軟弱になってきているように思う。何か重いものを入れる場合には使えないので、注意しておきたい。
水が入ってしっかりしたダンボールが欲しければ、20Lの容器の入った大きなダンボール箱。ミネラルウォーターを一括購入した場合や、業務用の液体を購入するとダンボールと一体型になったものが届けられる。かなりの重量になるだけにしっかりしたダンボールが使われている。蛇口がついたものもあり、すぐに使えるので便利だ。使い終わった後は容器とダンボールが簡単にはがせるので、使い終わった後リサイクルするにもすぐに使えるのだ。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。