水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> コストについて(2)

コストについて(2)

例えば、防水強化ダンボールが高価であるといっても、他の梱包材、例えば、木質系や金属性のものなどと比較すると、それほど高価であるとはいえないでしょう。

またダンボールには、これまでにも述べたように、木材や金属には無い優れた特性があります。

軽く、丈夫で、加工しやすく、保管もしやすい。

こうした特徴の上に、防水性も発揮するのであれば、他の素材の梱包材と比較しても十分な競争力があるといえるでしょう。

この観点に立てば、梱包材を決めるに当たって、ダンボール事業者だけに相見積もりをとって購入するダンボールを決めるのは不十分であるかもしれません。

木箱やその他の梱包材を扱っている事業者に話を聞くことも大切かもしれません。

そうすることによって、ダンボールの優れた特性についての理解も深まるでしょう。

大手の梱包材を扱う事業者の中には、ダンボールだけではなく、様々な梱包材を扱うところもあります。

こうした事業者を探すには、ダンボールメーカーではなく、各種梱包材を扱う商店などに聞くのが良いかもしれません。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。