水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> コストの問題(1)

コストの問題(1)

湿気対策から防水対策まで特殊加工されたダンボールには、これまでに紹介した撥水ダンボールや、耐水ダンボール、また非常に強い防水性と強度を持った防水強化ダンボールのような種類があります。

いずれも通常のダンボールにさらに特殊加工されているため、一般のダンボールよりもコストは高くなります。

ただし、通常のダンボールと同様に、撥水ダンボールでも、厚さの違いや、もともとの素材の違いなどによって価格に違いも出てきます。

また撥水ダンボールよりも、防水ダンボールが、防水ダンボールよりも防水強化ダンボールのほうが価格的には高くなる傾向があります。

したがって、どのダンボールをどのような機会に利用するのかを良く検討した上で、最適な防水ダンボールを必要量、用意することが、コストを削減するためには役立ちます。

梱包するモノが水分を多く含むようなものである場合には、通常のダンボールではなく、防水性のあるダンボールを利用するほうがよいでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。