水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 本格的な防水(2)

本格的な防水(2)

撥水ダンボールは、短時間、水が降りかかるような場合を想定して表面加工されたダンボールです。

少しの雨ぐらいなら大丈夫なのですが、かなりの時間、雨に濡れたり、間断なく水がかかるような状態では防水性を保つことができません。

撥水ダンボールの表面に水がかかると、撥水ダンボールは水をはじき、水は水滴になります。

撥水ダンボールに対して、耐水ダンボールは長時間浸水した場合などを想定して開発されたダンボールで非常に強い防水性を持っています。

ライナー、中芯、接着剤、さらにはダンボールの全体に耐水加工を施すことによって、長時間浸水した場合でも強度劣化することがありません。

このようなダンボールを利用すると、多少水に濡れる可能性のある場合にも、安心して利用することができるでしょう。

ただし、防水ダンボールや撥水ダンボールは、通常のダンボールと比較して価格は高くなります。

したがって、必要な場合以外は、通常のダンボールを利用することでコストを下げることができるでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。