水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 本格的な防水(1)

本格的な防水(1)

ダンボールに本格的な防水性を持たせるためには、やはり防水に適したダンボールを利用することになるでしょう。

従来、防水ダンボールとして、認められているものには、撥水ダンボール、耐水ダンボール、遮水ダンボールの3種類が規定されていました。

しかしダンボールは中空構造であるため、ダンボールを作る原紙に遮水性能があったとしても、通常の封緘方法ではダンボールの箱自体に遮水性を保持することは困難であるという理由から、現在では、遮水ダンボールは防水ダンボールとしては認められていません。

そのため、現在、防水ダンボールといえば、撥水ダンボールと耐水ダンボールの2種類ということになります。

この2種類のうち、より防水性が高いのは耐水ダンボールです。

撥水ダンボールは、短時間、水が降りかかるような場合には、防水性を発揮することができますが、長時間、水にかかっているような状態では、防水性を発揮し続けることは困難です。

したがって長時間、雨に濡れるような場合には、耐水ダンボールを選択すべきでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。