水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 内側の防水を考える

内側の防水を考える

ダンボールに防水が必要な場合といえば、箱が外側から濡れる場合と、梱包するモノそのものが濡れている場合も考えられます。

例えば、梱包するものが水産物などの場合がそれに当たるでしょう。

あるいは朝露のあたった野菜といった農産物にも、そのような商品があるでしょう。

こうした商品をそのままダンボールの箱に梱包すると、ダンボールに水がしみて、やがてダンボールはふにゃふにゃになり、ひどい場合には、破れてしまう可能性も否定できません。

そのため、こうした商品をダンボールに梱包する場合には、その濡れた商品をビニールなどで厳重に包む、あるいは、ダンボールの内側に発泡スチロールなどの箱を入れ、その中に濡れたモノを梱包するなどの方法がとられます。

ダンボールが利用されない場合もあるでしょう。

しかし、濡れたものが直接、ダンボールに引っ付かない工夫さえすれば、ダンボールの利点を活かしたまま、梱包や運搬にダンボールを利用することができます。

ダンボールに防水などを施すのは、万全を期すためといえるでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。