水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> ダンボールに防水が必要な場合

ダンボールに防水が必要な場合

軽量で、丈夫、強度もあって、加工しやすい、そんなダンボールにも弱点はあります。

それは水や湿度にあまり強くないこと。

これはダンボールが紙であることから、ある程度、避けることができない欠点といえるでしょう。

しかし、ダンボールの長所は、この欠点を十分に補えるものです。

そのため、ダンボールを利用しつつ、防水に努める知恵も開発されてきました。

そもそもダンボールに梱包し、かつ防水が必要な場合とはどのような場合でしょうか。

ダンボールを梱包して運搬するに当たっては、どうしても雨の問題を考えないわけにはいきません。

トラック便や航空便で運搬するにせよ、極力、雨に濡らさずに運搬するにしても、どうしても雨に当たることを避け得ない可能性があります。

このような場合、ダンボールに防水性や撥水性を持たせて、水の害を回避するか、ダンボールをあきらめて、他の梱包材を利用することを考えることになるでしょう。

ただし、現在では、運搬における荷物の取り回し場は天井が無いことはほとんどありません。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。