水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> ダンボールの箱にいれるものに注意する

ダンボールの箱にいれるものに注意する

ダンボールの湿気対策には、ダンボールの外側からだけでなく、内側からも注意をすることが必要です。

すなわちダンボールの中に入れるものに注意をするということです。

防水ダンボール、耐水ダンボールなどではなく、通常のダンボールの場合には、なかに湿ったものを梱包しないように注意しなければなりません。

例えば、衣替えのときに洗濯した直後の衣類を入れるのではなく、十分に乾かした衣類を梱包しましょう。

乾燥機から出してすぐの衣類を梱包するのも好ましくありません。

ダンボールの箱の内部と外部の温度差がダンボールに影響を与えるからです。

ダンボールの強度は様々な工夫によって非常に強いものになっています。

ダンボールを利用した日用家具もたくさん作られています。

しかし、ダンボールの場合、水に弱い、湿気を嫌うという弱点は、防水ダンボールや耐水ダンボールのように、相当にコストがかかる方法で加工する以外にありません。

ですから通常のダンボールを扱う場合には、湿度管理に十分な注意を払わなければなりません。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。