水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 家屋の換気を十分に

家屋の換気を十分に

もともと日本の家屋は梅雨の時期や夏の対策をメインに建てられています。

湿度が高く、夏は暑い日本の気候では、木造の家を十分に長持ちさせ強度を保つために様々な工夫がなされています。

例えば、家屋の中に空気の通り道を作っていることもそのひとつ。

玄関から、中庭、裏庭を通って、空気が吹きぬける造りになっています。逆に言えば、こうした造りが従来の日本の家屋では当然のことだったのです。

現在では、暖房器具や冷房器具の利用を前提にした省エネルギー住宅として機密性の高い住宅が多く設計されていますが、本来の日本の住宅は自然の力を利用して住環境をよくする合理的な省エネルギー住宅だったのです。

ダンボールの保管のために湿度を上げないようにするには、保管する場所の温度や湿度を低水準で一定に保つか、換気に心がけ、ダンボールが湿らないようにする工夫が必要です。

それがダンボールを上手に保管することにつながり、同時に、家屋を守り、住む人の健康を守ることにもつながるのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。