水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> ダンボールの保管場所

ダンボールの保管場所

ダンボールは水に弱い素材ですから、当然、湿度の高い場所に保管すべきではありません。

湿気を含んだダンボールは強度を失い、ダンボールとしての用をなさなくなってしまいますし、ひどい場合には、ダンボールにカビが生えてしまうといった事態も考えられます。

ダンボールにカビが生えると、部屋中にカビが生える可能性も生まれます。

ですからまず、ダンボールは乾燥度の高い場所に保管するようにしましょう。

部屋に置く場合にも、まめに換気して、通気性をよくして、湿度があがらないように注意します。

湿度が高い部屋に長期間ダンボールを保管していると、ひどい場合にはダンボールにカビが生えてしまう場合もあります。

ダンボールは水分に非常に弱いため水だけではなく、湿度にも注意を払わなければならないのです。

梅雨の時期には特に湿度に注意しましょう。

天気の良い日には窓を開け、部屋を空気が通り、ダンボールを保管している部屋にも風が通るように注意しましょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。