水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 耐水ダンボールの糊

耐水ダンボールの糊

防水ダンボールがダンボールのライナーの表裏に防水加工が施されているのに対して、耐水ダンボールの場合には、ライナー、ダンボールを貼り付ける糊、中芯にも耐水加工が施されています。

そのことによって耐水ダンボールは水に浸しても、あるいは水に面しても、強度が劣化しないようになっています。

一般のダンボールを水に浸すと、ダンボールの表面が濡れて弱くなるよりも早く、ダンボールの貼り合わせてある部分などから水に侵されていくのがわかります。

つまりダンボールを貼り合わせている糊の部分が非常に水に弱いのです。

そのため耐水ダンボールでは、その糊についても耐水性を持ったものを使い、水がそこから浸入しないようになっているのです。

さらに中芯にも耐水性をもたせることによって、内容物を、ライナーと中芯の全体で水から守る働きをするのです。

耐水ダンボールは少々の水に濡れても大丈夫です。

常に床が濡れていることが多い、市場や工場などでも耐水ダンボールは非常に役立ちます。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。