水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 完全な防水を望まない方法

完全な防水を望まない方法

家庭で何かの用途のために、ダンボールを防水しなければならない場合には、完全な防水を望むのでなければ方法はあります。

まずDIYのショップなどで、透明のラッカー・スプレーを購入します。

ダンボールの大きさに応じて、必要量が入ったスプレーを用意すればよいでしょう。

このラッカー・スプレーを防水したいダンボールに吹き付けます。

できるだけ満遍なく、スプレーのかかっていないところができたり、ムラができたりしないように気をつけましょう。

ただし、これだけではまだ十分とはいえません。

次に、ポリプロピレンフィルムでできた梱包用のOPP粘着テープを用意します。

テープは文房具店や百円均一のショップなどでも簡単に手に入ります。

このポリプロピレンフィルムでできたテープをダンボールの切り口にしっかりと貼りましょう。

そうすることで水分の浸入を防ぐことができるのです。

ただし、このような加工をしても完全な防水が実現されるわけではありません。

水や雨に濡れないように注意することが一番大事です。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。