水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> ダンボールの支えが弱くなると

ダンボールの支えが弱くなると

ダンボールを屋外におく場合、土などの上に置くのはできるだけ避けましょう。

ダンボールはわずかな水分に対してもダメージを受けやすいからです。

特に、ダンボールは支えが弱くなると、とても倒れやすくなります。

そのため特に足の部分は、直接、土の上においたりせずに、十分な養生をするようにしましょう。

もし可能であれば、ダンボールの全体にテープやビニールを貼るのもひとつの方法です。

見栄えなどが問題になる場合には採用できないかもしれませんが、それでもできるだけ水分を避けるために万全をつくしましょう。

ダンボールはいったん濡れてしまうと、元の強度を取り戻すのは非常に難しくなります。

ですから何よりも濡らさない、湿らさないということが重要になるのです。

非常に大きなダンボールの造形物の場合で、防水の手段を施すのが難しいのなら、通常のダンボールを素材として使わない方がよいでしょう。

現在では、防水や撥水などの処理を施したダンボールも販売されています。

そのようなダンボールを利用すれば、通常よりははるかに水などにも強くなります。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。