水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの防水 >> 雨に気をつけなければ

雨に気をつけなければ

ダンボールを利用する場合には、雨に気をつけなければなりません。

例えば、運動会や各種の催しなどで、屋外にダンボールを利用したものを一晩置いておく場合などは、特に注意が必要です。

雨だけではなく、夜露などの対する対策もしておく必要があります。

最も、良い方法はとにかく屋外には置かないことです。

ダンボールは大きなものでも重量はさほどではありませんから、みんなで力を合わせて、屋内に運び込んでおくのがよいでしょう。

あるいは、ある程度、ばらして屋内においておき、使う直前に屋外に出して組み立てるのも良い方法です。

どうしてもばらすことも、屋内に運び込むこともできない場合には、屋外でもできるだけ屋根のあるところ、風などが直接当たらないところにおけるように工夫しましょう。

さらにダンボールをビニールなどでくるむようにしましょう。

隙間無く、ビニールでくるむことができればよいでしょう。

それが難しければ、少なくとも、ブルーシートくらいはかぶせるようにすべきでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。