水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの材質 >> 紙素材

紙素材

ダンボールの材質は紙です。

その紙の強度や3層の厚さを変えることで、ほとんど無限と思われるほどの資源を作ることが可能です。

もちろん紙素材自体もたいへん多くの種類がありますから、ますますダンボールは多様性をもつことができるのです。

紙素材にも様々なものがあります。

紙の厚さにも様々な種類がありますし、紙の手ざわり、見た感じなどもいろいろです。

そして消費者のニーズに応えて開発された防水、あるいは防湿といった特性を持った素材もダンボールに利用されています。

このような素材で造られたダンボールなら、少々、雨に濡れるようなことがあっても大丈夫でしょう。

屋外でダンボールを活用する場合にもこうしたダンボールが役目を果たします。

通常のダンボールを水から守るためには、ダンボールの上にビニールを貼り付けたり、ダンボールをビニールでくるんだりする手法がよく用いられます。

しかし、いずれにせよ、どうしてもダンボールは水を完全に克服するのは難しいでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。