水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの材質 >> 3層の紙でできています

3層の紙でできています

ダンボールは3層の紙でできています。

表と裏の紙はライナーと呼ばれます。

真ん中にある中芯(フルート)と呼ばれる中間の紙をライナーと接着します。

こうして貼りあわされた板紙がダンボールの多層構造を作り出すのです。

そして梱包資材などとして幅広く用いられます。

ダンボールは加工しやすいため、様々な工夫がされたものがたくさんあります。

そのひとつがダンボールを互いに差し込むことでふた状にして閉めることです。

この手法によって、ダンボールは再封性を持つことができ、テープの使用量を大幅に減らすことも可能になります。

さらにダンボールはリサイクル性にも優れた商品です。

使用済みのダンボールは集められ、再資源化されて新しいダンボールの主原料となっているようです。

ダンボールはたとえ濡れていても再資源として活用することは可能ですが、濡れると重くなるため、リサイクル用としては敬遠されるでしょう。

ダンボールはできるだけ濡らさないことが使うための必要条件でしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。