水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールの材質 >> ダンボールは、あくまで紙

ダンボールは、あくまで紙

ダンボールは、通常は軽くて非常に丈夫です。

それがダンボールの長所です。

しかし、ひとたび濡れてしまうと、その長所は失われてしまいます。

ダンボールは、あくまで紙なのです。

紙が水に弱いのは通常は当然のことといえるでしょう。

通常のダンボールは防水性をもっていません。

むしろ、生分解性を持つよう天然素材で造られていることも多いのです。

こうしたダンボールは、燃やして資源を無駄にしなくても、土中に埋めれば自然に分解され土地に戻ってしまいます。

つまり非常にエコなものなのです。

なかには強化されたダンボールもあります。

こうしたダンボールは、巨大なダンボールアートを作ったり、家具を作ったりするときに良く利用されます。

強化ダンボールは、ダンボールの層を2層、3層にして強度を高めたものです。

そうした構造を持たせることによって、大人が乗っても、少々の荷物を載せたりしてもつぶれない丈夫なダンボールができるのです。

埋めれば土に返り、燃やさないのでダイオキシンも出ず、非常に環境に優しい、それもまたダンボールの特長なのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。