水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールは水嫌い >> ダンボールが濡れると

ダンボールが濡れると

ダンボールが水に濡れる原因は雨ばかりとは限りません。

ダンボール箱は手軽な梱包材ですが、中に液体の入ったものを入れるときには注意が必要です。

梱包しやすいだけに気軽にペットボトルなども入れがちですが、栓のゆるいものなどを入れると何かの振動でダンボール箱の中でボトルから液体がこぼれないとも限りません。

液体がこぼれてダンボールが濡れると、その部分は極度に強度を失ってしまいます。

そうすると、その部分に穴が開いたり、そこから破れたりといったことが現実に起こります。

ですからダンボール箱に液体の入ったものを入れるときには十分な注意が必要です。

不安があるときには、液体の入ったものをビニール袋などに入れてしっかりと口を閉めるといった対策をとればよいでしょう。

そうすれば万が一、なかで液体がこぼれても、ダンボールを濡らすことはありません。

濡れさえしなければ、ダンボールは強度を保って、中のものをしっかりと守ってくれることでしょう。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。