水嫌いなダンボールトップ >> ダンボールは水嫌い >> ダンボールが苦手なもの

ダンボールが苦手なもの

ダンボールは加工しやすく、使いやすい梱包材です。

しかし、そんなダンボールにも苦手なものがあります。

その第一は何と言っても水です。

濡れたダンボールを見たことがありますか。

スーパーマーケットの片隅などで、雨に濡れたダンボール箱などを時折見かけることがあります。

そのときのダンボールはどんな様子でしょうか。

まず水を良く吸っていることが感じられると思います。

明るい茶色のダンボールが暗いこげ茶に変わっています。

しかも、ダンボールはふにゃふにゃ、通常のしっかりしたダンボールの面影はまったくありません。

さらにそれを手に取ってみるとダンボールがとても重くなっていることがわかるでしょう。

水を含んだダンボールはとても重くなります。

このように水に当たったダンボールは、ダンボールの長所の多くを失っています。

しっかりして軽く、柔軟性を持っているというダンボールの特長は水に濡れてしまうと台無しです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。