水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> 紙の箱だから水に弱いのです

紙の箱だから水に弱いのです

水嫌いなダンボール 紙の箱

ダンボールは丈夫に出来てるとはいえ、紙の箱だということを忘れてはいけないのです。

ボールとはボードのなまった表現と言われているのです。

輸入輸出などで梱包箱を作成する場合Wフルートが採用されることが多いのも強度があるからです。

机や椅子、ベッドなども作ることができ、とても軽いものなので転勤族には喜ばれる品となっているのです。

ダンボールを使ったアイデア商品などを見る事ができるのです。

ダンボールは、生分解性を持った天然素材で製造されているため、万一捨てられても土中で分解され土に戻るようです。

強化ダンボール紙は販売もされているようですので、紙を買って自分でデザインした家具を作ってみるのもいいと思います。

強化ダンボールというのは、2層3層となっているので、大人の体重でもつぶれる心配がないのです。

そして、廃棄した場合でも土に還る、ダイオキシンなどの有害物質も出ないといった環境にやさしい素材なので今注目を集めているので、書店でもダンボール家具の作り方の本が出版されているのです。

一般的には普通のダンボールでも冷凍に使われているようです。

ダンボールの中芯を強いものにすることもできるのです。

ダンボール家具は、色々な面でメリットがある事から、今注目されているのです。

それでは、どのようなメリットがあるのでしょうか?・誰でも簡単に、釘などの工具を使用せずに組み立てる事ができるのです。

フルートとは、段の山のこと言い、その役目は衝撃の吸収と圧力に対する強度を高める働きをしているのです。

もっとも一般的なダンボールなのです。

約 5mmの厚さでよく使用するのです。

Bフルートより段が高いので緩衝性を持ち、垂直方向への加圧に強いのです。

表面処理をしていない為、暖かさと柔らかさを感じる事ができるのです。

とても簡単に作る事ができるので、一度作ってしまうと病みつきになってしまうのです。

環境などを考え、リサイクル可能な片面ダンボールを、緩衝材の役割として発泡スチロールの代わりに使われることもあるのです。

ダンボールならば不要になった時には、廃棄処分することも簡単なのでおすすめしたい商品なのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。