水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> 風通しを良くすると・・・

風通しを良くすると・・・

水嫌いなダンボール 風通し

収納BOXの湿気対策のために気をつける点について、考えてみるようにしましょう。

衣類などの収納BOXは、密閉性の高いものを選ぶようにしましょう。

衣類などを収納BOXに収納する際には、まず、衣類などを風通しのよい場所に干して、湿気をとってから納めるようにしてください。

設置場所が決まったら、レンガの上に金網を載せるのです。

ダンボール箱の底と四隅をガムテープで止め、底に底と同じ大きさのダンボールを敷き、金網の上に置くのです。

収納の際には、湿気取り剤や湿気取りシートなどを入れて、湿気対策をしておくようにしましょう。

最近では、吸湿効果のある桐などを素材にした収納BOXも販売されているようですので、こういった素材の収納BOXを選んで、衣類を収納することも、湿気対策としてよい方法だと言えるかもしれないのです。

ダンボール家具に用いられているものは、単なるダンボールではなく、米軍がヘリで物資を空から落とす際に使用されている強化ダンボールなのです。

壁の内部の湿気が水滴になるものを壁内結露と言うのですが、この壁の中の水滴は外部に排出されず、滞留してしまうため建物が腐ってしまう原因になるのです。

透湿防水シートを外側に貼ることにより、内部に発生した湿気を外部に放出し、外部からの雨水の進入は防ぐ事ができるのです。

地面から発生する水蒸気から建物を守るには、地中に防湿シートを敷き詰める方法が有効になっているのです。

さらに通気性を高めるには、基礎と土台の間にパッキンを設置する事で可能になるのです。

ダンボール家具は単に安い家具とか取り回しが容易とかだけではなく、購入することによりその人がどういう生活を送るのかを象徴するアイテムのようだという人もいるのです。

ダンボールの場合、材質によっては、8mmのダブルダンボールよりも材質によっては、3mmのダンボールの方が強度がある場合もありえるのです。

ダンボール家具の作り方は、今注目されている事から色々なネットで紹介されているようですので参考にしてみるようにしましょう。

ダンボールを利用して出来た家具というのは、強化ダンボール紙を使用しているため、強度の強いものとなっているのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。