水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> ダンボールは長持ちしない

ダンボールは長持ちしない

水嫌いなダンボール 長持ちしない

ダンボール家具の弱点は、材質が木材ほど強くないようですからあまり長持ちは期待できないこと、そして見た目が安っぽく見えやすいことなのです。

ユニパルパレットは、全て故紙よりリサイクルされた段ボール原紙を材料に使っているようです。

ダンボール家具は、軽くて持ち運びが簡単であること、ネジなどの金具も使用されていないことから引越しの際には大変重宝するのです。

従来の段パレットと異なり、桁の組み合わせによって、平面荷重はもちろん集中荷重に対しても木製に近い強度を発揮するようです。

また、水漏れにも強く輸出時の燻蒸処理も不要になっているようです。

ダンボール家具でしたら格安ということもあって気兼ねなく使用できるのです。

逆に言いますと、ダンボール家具は紙でできていますから周りの家具や壁などを傷つけることもありませんので非常に扱いやすいと言えるのです。

底の構造が組み立てワンタッチ式になっているものや、そこも上蓋同様のもの、フタの部分に持ち手がついた物など、様々なものがあるのです。

ダンボール製なのに40万近くするのですから、簡単に手を出せないようですし、高いお金を払ってわざわざダンボール製のものなど買わなくても立派な木製の高級家具を買ったほうが良いように思えるのです。

ダンボールの種類には、白色ダンボール、茶色ダンボール、プラスチックダンボールがあるのです。

特殊な紙を、ライナーと段の両方に使用し、片面ダンボールにしているのです。

ダンボール家具の強化ダンボールは長い繊維が絡み合っているようですから丈夫で耐候性があり、さらに手で破くことができない素材となっているのです。

水にぬれてもはがれないのが特徴となっているのです。

片面ダンボールと両面ダンボールを貼り合わせた状態のものです。

ダンボール家具の強化ダンボールは長い繊維が絡み合っているようですから丈夫で耐候性があり、さらに手で破くことができない素材となっているのです。

結果としてダンボールには流れ目方向によるタテとヨコの区別があるのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。