水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> ダンボールの湿気対策

ダンボールの湿気対策

水嫌いなダンボール 湿気対策

書類などの薄型の物を収納するのに打ってつけなのです。

書斎の机の上に置いておきますと、使い勝手も良いですしおシャレにもなるのです。

部屋に湿気がこもると、カビのもとにもなり、快適な生活の妨げとなるようですので、日ごろから湿気対策を心がけるようにしましょう。

部屋の湿気対策について、考えてみるようにしましょう。

湿気対策として一番大切なのは、換気をして、通気性をよくすることなのです。

強化ダンボールの使用で驚異の耐圧強度を実現したダンボール家具のベッド、エコスリーパーは、高重量物の輸送用に開発された特殊強化ダンボールが採用されているのです。

下のリンクのページの記事が参考になりますが、
ダンボール材質の種類
湿気対策には撥水・耐水・防水ダンボールがあるようです。

用途に合わせてプロのダンボール業者に相談してみるのも手ですね。

部屋の通気性をよくするために、天気のよい日は窓を開け、空気の通り道をつくるようにしてください。

窓だけでなく、扉や襖を開けて隅々まで空気を循環させると、湿気対策にはさらに効果的となっているのです。

試作とシュミレーションテストの結果、紙独特の力学を科学し、キュービック状に計算された組み立て方式によって、常識では考えられない強度と耐久性が実現しているのです。

また、家具を壁に密着させて置かないことも大切なのです。

強化ダンボール紙は販売もされているようですので、紙を買って自分でデザインした家具を作ってみるのもいいと思います。

ダンボール家具のソファそのものは、クラフト系のダンボール家具のようにファンシーに出来上がっている家具ではないようですし、パーツを組み立てるものでもないのです。

一般的には普通のダンボールでも冷凍に使われているのです。

ダンボールの中芯を強いものにすることもできるようです。

ブーツの収納は何かと厄介です。

そこで、ダンボール製のブーツ収納ケースなどを作ることができるようです。

水に濡らしたり、水に濡れた衣類などを入れないようにしてください。

また、変形や破損の恐れがあるようですから、湿気の多い場所には置かないようにしてください。

シートカットについては、6cmから可能ですので、小さいシートや細長いシートにも対応できるのです。

特殊なダンボールで裏にアルミを貼った保冷ダンボールがあるのですが、相当なロット数がないと取り扱えないのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。