水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> 収納箱での防水

収納箱での防水

水嫌いなダンボール 収納箱

オール段ボール製の各種緩衝材設計に用されたり、空気清浄機やエアーフィルターとしても活躍の巾を広げているようです。

ダンボール製の収納箱・クラフトボックスという商品名でホームセンターやデパートの収納コーナーに置いてあると思うのです。

大抵は自分で組み立てるタイプなのです。

マイクロフルートと総称される材質で、各フルートでその材質の金額や入手条件が変わってくるよのです。

面倒ですが季節の変わり目とかでもいいので年2回位出して天日干しすればいいかと思うのです。

さらに、垂れてくる水分を吸収し放出するテープが売っていたり、部屋と外の温度差を少しでも減らす様なカビ対策アイデア商品が多く出ているのです。

規格品として引越し・通販・米用ダンボ-ルなど多用途に使える宅配サイズのダンボール箱を必要な数に応じての価格でセット販売・ダンボール製造販売・規格品以外にもお作る事が出来るのです。

ダンボールは湿気を含みやすいようですので、衣類などを収納するには不適切なのです。

整理ダンスの収納も、ウールなどの湿気に弱い素材の衣類は上部へ、ポリエステルなどの比較的湿気に強い化学繊維素材の衣類を下部へ収納するほうがいいと思うのです。

紙製なので、加工も簡単。

色々な素材との貼り合わせも可能となっているようです。

作業効率も良くなることから、展示会などでのテンポラリー使用にも威力を発揮するようです。

加湿器の使用も夜間限定にしたりして、結露の手間を少しでも減らすほうがいいと思うのです。

また、カビや結露が見つかった場合には、カビ対策のために中の物を全て出して、乾燥させる必要があるのです。

内容品に見合った最適な包装設計が可能であるためコストパフォーマンスも高いと言えるようです。

ダンボールは紙製品ですので、どうしても湿気に弱いようです。

そのため冬場などの乾燥期に比べて夏場の湿気が多い時期は強度が落ちがちなのです。

強化ダンボール紙を使用して作られており、大人が乗ってもつぶれないほど強度のあるものなのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。