水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> 水とダンボール グッズ利用

水とダンボール グッズ利用

水嫌いなダンボール グッズ利用

布団の湿気対策として、天日干しが有効な方法なのはご存知だと思うのですが、対策として効果的な布団の天日干しの方法について、考えてみるようにしましょう。

プラスチックダンボールよりは強度が劣ってしまうようです。

タオルハンガーを利用した、スリッパラックも収納によいと思います。

場所をとらないので、とっても便利になっているのです。

布団を天日干しするのには、午前10時ごろから午後2時ごろまでが最適だと言われているのです。

布団の天日干しには、晴天の日を選ぶのは当然ですが、前日が雨だった場合は、晴天であっても湿度が高いため、布団干しは控えるようにしましょう。

小箱収納法には大きいダンボール箱と小さい箱をいくつか用意します。

ダンボールは四角いので納まりが良いと思うから収納には良いと思うようです。

なお、羽毛や羊毛の布団の場合は、直射日光に当てると傷むことがあるようですので、風通しのよい日陰に干すか、天日干しをする場合には、シーツなどを掛けて、直射日光をカバーするようにしてください。

布団の湿気対策としては、天日干しをすることが効果的ですが、なかなか天日干しをする時間がないという人もいらっしゃるかもしれないのです。

小箱収納法には大きいダンボール箱と小さい箱をいくつか用意しましょう。

ダンボールは四角いので納まりが良いと思うから収納には良いと思います。

そういう場合は、布団の湿気対策として、布団専用の湿気取りのマットやパッド、シーツなどのグッズを利用するのもよいかもしれないと思います。

収納術には、いろんなポイントがあるでしょう。

なぜなら、部屋によって収納術のポイントが違うからなのです。

これらの湿気取りのグッズは、敷くだけで布団の湿気を吸収してくれる効果があると言われているのです。

最近は、このような布団の湿気取りのグッズが数多く発売されているようですので、お好みや用途に合った商品を探してみるようにしましょう。

ダンボール家具というのは、特殊強化ダンボールという、一見普通に見えるのですが強度の高い素材を使用して作られる家具で、丈夫で、水に強く、アレルギーの心配もなく、なにより軽いというのが特徴となっているのです。

このほかの布団の湿気対策としては、布団を押入にしまう際、押入にスノコを置いたり、押入を閉めきらないで風通しをよくするよう心がけたりすることも大切になっているのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。