水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> 快適な生活の妨げ

快適な生活の妨げ

水嫌いなダンボール 快適な生活の妨げ

普段あまり使わないものといっても、ダンボールなどに詰め込んだものをそのまま収納してしまうと、そのまま何年もほったらかしになって何が入っているのかわからなくなる場合もあるようです。

快適な生活の妨げとなる、過度な湿気を取るための対策について考えてみるようにしましょう。

一番出し入れが楽な中心のポールなのです。

吊るす服の丈を長さ順に並べて下の収納スペースを広く開けることが大事なのです。

湿気を取る対策にはいろいろな方法があるようですが、湿気対策には、日常生活の中で気軽に実行できる方法も幾つかあるのです。

毎日使う布団などを一緒にしまう場合には、伸縮式の押入れ収納棚を使うと布団の下スペースを活用でき、通気性が良くなるので布団の湿気も逃がしてくれるのです。

湿気を取るためには、換気を心がけ、通気をよくすることが大切なのです。

そのための方法として、タンスや押入、下駄箱など、湿気の溜まりやすい場所は、なるべく扉を開けて、湿気がこもらないように気をつけるようにしましょう。

収納の基本とは、片付けて自分の中でルールを決めて、こまめに気づいたときに片づけてしまうことです。

また、閉めきったままになりがちな場所には、湿気取りを置くのが効果的となっているのです。

湿気取りは、市販のものを利用してもよいと思うのですが、海苔やお菓子などに入っている乾燥剤を使うという方法もあるのです。

ダンボールの底面や上面にガムテープを一文字に貼るだけでなく、H型に貼るのはもちろんのことなのですが、それだけでなくプラスチックダンボールを内側にガムテープなどで貼って補強するだけで全然強度が違うようです。

食品に入っているものですから安全ですし、経済的ですので、湿気対策に乾燥剤をぜひ活用してみるようにしましょう。

布団は、寝ている間に汗などを吸収し、湿気が溜まりやすいものですので、しっかりと湿気対策をするようにしましょう。

プラスチックダンボールはホームセンターなどで畳1枚分で1,000円もしないのですが、家にある紙製の普通のダンボールでもよいと思います。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。