水嫌いなダンボールトップ >> 水嫌いなダンボール >> 水とダンボール 雨よけ

水とダンボール 雨よけ

水嫌いなダンボール 雨よけ

風除け、雨除けなどのために、さらに上からブルーシートを被せるといいと思うのですが、あまり密閉してしまわないように、ある程度の風が通り抜けるほうがいいと思うのです。

防水加工の衣類は、雨ガッパなどの衣類で樹脂で被膜を作り、風や雨を完全に遮断するようですので、体温などで蒸れやすくなり、着心地が良いとはいえないのです。

とくに注意することは直射日光と車庫内にこもる温度、ことに木製家具には悪影響を及ぼすので、これも日差しの来る方にブルーシートをカーテンのように吊るとか、たまには見に行って風通しなどを考え直すといったことも必要になってくるのです。

水がはじくという現象は、対象物となる表面張力より大きい場合に発生するのです。

水をはじかせるためには、表面張力の低い物質を加工し、対象物の表面張力を低下させ、水をはじくようにしましょう。

水を通さないような加工を施したものを防水というのです。

生地の裏側に水を通さない素材をコーティングしたもの、防水性のあるフィルムを接着したりサンドイッチしたもの、そもそも繊維が存在しない素材のものなど、技術の進歩で多種多様になっているのです。

ダンボールの対重量強度は、材質や仕様、形態によって変わるのです。

そういった違いからダンボールの圧縮荷重を求め、何ヵ月後にはどれだけの圧縮荷重を維持できるか推定するのです。

このとき推定によく使われる計算にケリカット式があるのです。

防水は基本的に生地の裏側に加工されているものが多いため、生地表面が水を弾くような撥水とは違うのです。

生地表面に水が染み込んだようになっても、後ろ側の防水加工が効いていれば中まで水が入ることがないわけなのです。

気温が高いほうが飽和水蒸気圧が高いので、同じ湿度でも空気中には多量の水分を含んでいるのです。

ですが実際には40℃以上の高温より20℃程度のほうがダンボールの強度劣化は激しかったりするのです。

ダンボールの保湿能力の関係で、外気に水分が多くても高温の環境下では水分を保持できないのです。

水嫌いなダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。